2007年06月15日

織田信忠さんからの書状1

前田玄以へ

ごめん、お父さんが本能寺で襲われていると聞いたら我慢できなかった。

これから1000人ぐらいの兵を引き連れてお父さんを助けに行こうと思います。多分無事に帰って来れないと思うので、三法師をよろしくお願いします。

そこで、お願いがあります。

お父さんが安土城の上の階の押入れの奥に何か大事なモノを隠しているらしいです。お父さんは僕に処分しろと言ったんですが、ご存知の通り僕にはできなさそうです。

そこで、君にその大事なモノを処分しておいて欲しいのです。

よろしくお願いします。

追伸 お父さんが猿と狸に気をつけろと言っていました。どういう意味でしょうか?

面白かったらここをクリックしてくれると嬉しいでござる
posted by 左大臣 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 織田信忠さんからの書状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。